ファクタリングで資金繰り【福岡県】

運転資金の資金繰りでお悩みの経営者

会社経営、事業の開始などにはまとまった運転資金が必要です。
運転資金の調達がしっかりとできるかどうかで事業それ自体の成否がかかっているといっても過言ではありませんから、資金繰りの能力が経営者にとっては必須の能力であることはまず間違いないことでしょう。
しかし、事業を立ち上げようとする経営者にとって、この運転資金のための資金繰りほど頭を悩ませる問題もないというのも一方では事実です。
運転資金を借り入れようと思い銀行などの金融機関に相談に行ったものの相談すら受け付けてもらえない。
相談には応じてくれたものの、借入についての説明が理解できない。
借入については理解できたが、借金をするという事実に抵抗を感じてしまう。
資金調達のための決算書の作り方がわからない。
こういった様々な問題が、いざ事業を立ち上げようと考えている経営者の双肩に一気にのしかかってくるのであって、多くの経営者志望者は、この初期段階の「運転資金のための資金繰り」の段階で計画を頓挫させてしまう傾向があります。
逆に言うならば、資金繰りのための正確な知識を持ち、問題を一つ一つ解決し、経営を開始するために必要な運転資金を満足に確保することができたならば、その事業はかなり良いスタートを切り、その初速を維持したまま経営を発展させることができるでしょう。

資金調達の課題は専門職に分散して乗り越える

資金調達、銀行融資などの正確な知識は、経営者が根気強く勉強して身につければいいものではあるのですが、勉強をしているうちに事業開始のタイミングを逃してしまうという経営者もいて、これもまた、運転資金にまつわる経営者の悩みの一つとして数えられるでしょう。
オススメなのは、運転資金を手に入れる前に、税理士や公認会計士などの専門職を雇い、その税理士なり公認会計士の力を借りながら運転資金の調達を試みるという方法です。
経営者だからといって何でもできなければならない、という考え方を捨てて、プロの専門職に委託する部分を持てば、資金調達のまつわる経営者の悩みのほとんどは解決されるか、軽減されることになるでしょう。
これはしかし、「経営者は無知でもよいのだ」ということを意味しているのではありません。経営者は、自分が雇うことになる税理士なり公認会計士が、自分の事業を開始するための運転資金調達の場において有能であるかどうかを判断できる程度の知識と思考能力は必要となります。
専門職を雇うことになる経営者は、雇用主として、資金調達のための計算表が出せるか、資金調達の場において海千山千の銀行員を説得するに足る協力な決算書を作成できるかといった、資金調達のために必須の能力の基準を満たしているかどうかを的確に判断できなければなりません。
この判断をなおざりにして無知に甘んじていますと、「資金調達に弱い税理士や公認会計士」と関わることになって時間と金を喪失することになるので気をつけなければならないでしょう。

経営者側の事業にまつわる明瞭なコンセプトが不可欠

運転資金の資金繰りのためには、まず何よりも経営者による強固で明瞭なコンセプトが欠かせません。
税理士や公認会計士など、事業のために協力してくれる専門職を相手にして、どのような事業を構想しているかを精確に説明できない限り、税理士や公認会計士などはどう行動したらいいのかまったくわかりません。
経営者から税理士・公認会計士への説明が曖昧なままですと、税理士・公認会計士が作成する計算書や決算書の内容も曖昧になります。
説明が曖昧であり不明瞭であるということは、銀行員に対して「なんとなくの融資」の印象を与えるばかりであって、その負の印象は運転資金の融資を遠ざけることにしか繋がらないのです。
運転資金の資金繰りの問題のすべてを経営者が背負う必要はなく、ある程度は分担できるとはいえ、最終的な責任はすべて経営者が引き受けなければならないのですし、融資が可能になるかどうかは、この経営者がしっかりと責任を持って事業の構想を練っているかどうかによって左右されます。
「資金繰りにまつわる経営者の悩み」というのは、「事業についての構想」の曖昧な部分を取り除いて土台を固めていく作業を通してその大部分が解消されるものであるということを知りましょう。

ファクタリングという資金調達手段

資金調達の方法について調べはじめると早い段階で「ファクタリング」という情報がすぐに飛び込んでくることになるでしょうし、そのまま「ファクタリングを使って資金繰りをしてみようか」と考える人もいるでしょう。
ファクタリングは欧米などでは広く受け入れられた資金調達手段ではありますが、手形が主流である日本国内ではそれほど普及している手段ではありません。
実際、すでに事業を開始している経営者や個人事業者であっても「ファクタリングとはなんなのか」であるとか「ファクタリングという資金調達手段は本当に有効かつ安全なのか」ということがわからない人は一定数存在します。
まだしっかりと普及していないために悪徳業者などの参入が容易な状態にあり、その危険性が指摘されることもしばしばある資金調達手段である、というのがファクタリングの現状であるといえます。
そんなファクタリングというグレーゾーンを多く含んだ資金調達手段をあえて使ってみる理由としては、以下のようなものが挙げられる傾向があります。
・事業が傾きつつあり、業績が悪化しているために銀行融資の継続が断られている。
・税金対策に不備があり、税金滞納などのトラブルが原因となって銀行融資を受けることができない。
・保証人がおらず、担保もないために、銀行融資を受けることができない。
・支払いを待つことができない事情があり、即日、あるいは、なるべく早い融資を必要としている。
・売り上げの減退などによって単純に資金が不足してしまったために自転車操業になっているので、あらゆる手段を使って資金を調達しなければならない。
これらの利用理由を見れば明らかですが、ファクタリングという資金調達手段は、日本国内においては「銀行融資が受けられなくなった場合の逃げ道のうちの一つ」として機能することによって、なんとか普及のいとぐちを掴んでいる状態にあるということがわかります。

ファクタリングは法人中小企業の危機の逃げ道である

ファクタリングという資金調達手段は、「審査が厳しい金融機関からの融資はのぞめない」という前提があってはじめてその利用価値が見出されます。
ですから、事業をすでに開始していて、ある程度の経営期間をすでに経ている事業主が、もしファクタリングによる融資を考えている場合、その事業は「資金繰りに関する何かしらの危機」に陥っていて、寿命が近づいていると判断してまず間違いないのではないかと思われます。
しかし「審査が厳しい金融機関からの融資がのぞめない」という前提が、すでに経営を開始していて業績が傾きつつある斜陽事業主ではなく、これから事業を展開しようと考えている中小企業規模の新規事業主に適応される場合、ファクタリングという資金調達手段の価値と役割は、少しばかり違ったものになるでしょう。
「安定した信用などがないまっさらな状態から新しく事業を始める」という状況においては、ファクタリングという資金調達手段はある程度の有用性を発揮することになります。
しかし、優良なファクタリング業者は、優良であるがゆえに「審査が厳しい」傾向があり、法人向けの取引しか行っておらず、これから事業を起こそうと考えている個人事業主には利用できない場合があります。
斜陽にある法人の経営者はそれを使うことが「危機」であり、新規の個人事業主はそれを使うことができない、という点もまた、ファクタリングが普及しなかった理由として考慮してもいいのかもしれません。

ファクタリングが融資ではないということの意味と解釈

さて、ファクタリングは債権売買による契約によって資金繰りをする方法ですから、厳密にいうと「融資」ではありません。それが「融資」ではない以上、「ファクタリングには審査の時間がそれほど必要ではない」のです。
「ファクタリングは債権の売買であるために借金にはならない」ということにもなり「借金ではない以上は、そもそも返済という概念がない」とさえ言われることもあるのがファクタリングの特徴でもあるのですが、しかし、これは詭弁として使われることがあるので気をつけたほうがよいでしょう。
もちろん言葉の上では「借入」でもなく「融資」でもないのですから、「借金」も「返済」もないということになるのですが、「資金調達」という形でお金が動いていることは間違いなのですから、「借金」や「返済」という言葉にはならないにしても何かしらの「支払い」が生じることは否定できません。
「ファクタリングは融資ではないから借金ではないし返済という概念もない」という言い回しは、まっとうな資金調達方法のフリをしてその実態は闇金融でしかない悪徳ファクタリング業者(のちに記述することになる給料ファクタリングなどはその代表です)にとって有利に働くものでしかありませんから、この言い回しを額面通り受け取り、ファクタリングの不安を打ち消すことは危険です。
もし、ファクタリングを通して資金調達をするのであれば、それに見合った支払いを「売り上げ」から出すことができる、という見通しを持っていなければなりませんし、実際にその見通し通りの売り上げを出してきっちりと支払いを行わなければなりません。
ファクタリングに関しては、その場しのぎの資金調達手段としてではなく、確実な売り上げを見込んでそれを前提として使用する資金調達手段であるという認識を持ったほうがよいでしょうし、その認識を持つことが利用の最低条件であるともいえるでしょう。

福岡ファクタリング会社

福岡はファクタリング会社の市場が急速な勢いで拡大している地域です。
ファクタリング自体の知名度と普及率の低さを考えると、福岡という地域におけるファクタリング会社の異例の普及と知名度には驚異的なものがあると言ってよいのではないかと思われます。
ファクタリングの主要な利用層は中小の法人企業の事業者ですが、福岡はこの中小規模の法人企業が極めて多いために、ファクタリング会社の活動もしやすいという背景があるのです。
ファクタリング会社は東京に拠点を構えて全国展開している業者が多く、地方都市のファクタリング会社というのはほとんどの場合は全国展開された東京のファクタリング会社の支店です。都市によっては、ファクタリング会社の支店がない地域もあります。
しかし、ファクタリングの知名度と普及率が高い福岡においては、拠点を九州、とりわけ、福岡に定めて、九州エリアに限定し特化した事業を行うファクタリング会社、福岡に支店を持つファクタリング会社が複数存在します。
福岡で何かしらの事業を行おうと思っている中小の法人企業が、九州エリアを拠点としたファクタリング会社を無視することはできないでしょう。
地方都市の中小企業の経営においては、イレギュラーで急な資金調達の必要性にかられたものの銀行融資の審査を待っていたのでは間に合わないという状況になることが多々あります。

福岡を拠点としたファクタリング会社を使うメリット

そういった状況に実際に立ち会った場合に、福岡近辺に拠点を置いているファクタリング会社の情報を把握し、有事の際にいつでも利用できるように選択肢としてしっかり抑えておくことは、事業の維持に保険をかける行動ということになるはずです。
福岡の中小企業が福岡のファクタリング会社を利用するメリットは、あらためて言うまでもないかもしれませんが、資金調達のための相談などをするにあたって、九州エリア内の移動で済むという距離的なものがまずは挙げられるでしょう。
拠点が東京にあるファクタリング会社を利用する場合、福岡以外のファクタリング会社が充実していない地方都市の事業主は、自分たちの企業があるエリアの外にまでわざわざ出かけなければならないということがあるのですが、九州エリアに拠点を置くファクタリング会社が充実している福岡においては、そういった労力を省いた上で資金繰りをすることができます。
福岡を拠点にしたファクタリング会社は、トラストゲートウェイ、西日本ファクター、アンカーガーディアン、ファクタリングゴールド、リンクジャパン、ファクタリング福岡、福岡に支店を持つファクタリング会社としては、富士桜フィナンシャル、ジャパンマネジメント、ビートレーディングがあります。

状況に応じてファクタリングを利用するための情報収集

ファクタリング会社ごとの特徴をおさえておけば、入金までの期間の長短、二社間/三社間ファクタリング、要来店/来店不要、手数料の多寡などを基準にして、どのような取引をするかにあわせてファクタリング会社を選ぶことで、福岡にいながらにして状況に応じて満足のいく資金繰りがのぞめるでしょう。
福岡を拠点にしたファクタリング会社は地域密着性において、東京などの大都市を拠点にして福岡に支店を持つファクタリング会社はその経営実績などにおいて、それぞれに利用するメリットが発生します。
地域密着型のファクタリング会社、福岡のような地方都市に拠点を持つファクタリング会社を利用するにあたって、福岡であるからという理由によって入金スピードや買取の割合などに大きな変化があるわけではありませんし、面談なしの利用であれば福岡以外の都市のファクタリング会社を使っての取引も可能ですが、対面でしっかりと相談しながら資金調達をすることを考えるのであれば、福岡のファクタリング会社を利用するに越したことはないでしょう。
地域の特性に根ざしている中小企業の資金上の問題などに対する理解度なども、福岡のファクタリング会社を利用するメリットになるでしょう。

福岡でファクタリングが早い会社

ファクタリングにおいて「審査の早さ」「入金の早さ」などは、極めて重要な要素です。
銀行融資や公的な金融機関からの融資ではなくて、あえてファクタリング会社を積極的に利用して資金調達をするにあたって、この「早さ」という要素がもっとも大きい理由であることは疑う余地もありません。
ファクタリング会社の審査は、最短では「即日」で完了します。これは、審査から入金までに三ヶ月から半年ほどの時間がかかる各種金融機関からの融資の時間と比較するまでもなく、驚異的な早さであるということができるでしょう。
よほどの大企業であれば話は違うかもしれませんが、福岡などで事業を展開する中小法人企業である場合、急な資金繰りの可能性が発生することをつねに想定していなければなりません。
石橋を叩いて渡るような経営者であるならば、半年先くらいまでの事業の展望、売り上げの増減などを可能な限り予想し、あらかじめ時間のかかる融資を計画する、というようなことも可能かもしれません。
ですが、そこまで慎重にやっていても「急な資金繰りの必要性」は最終的には予測不可能なものであるので、福岡の中小企業は、不測の事態が到来するたびにそれを冷静に乗り越えていく機転が必要となります。
ファクタリング会社を利用する際のデメリットの一つとしては「手数料」が挙げられますが、「急な資金繰り」という状況においては、「手数料」は受け入れて「早さ」を優先したほうがよいでしょう。

審査から入金までの時間を短縮しスムーズに取引をする

福岡で「早さ」を優先したファクタリングをするのであれば、福岡を拠点としたファクタリング会社に面接に行くのもいいですが、オンラインで審査を行っている全国展開しているファクタリング会社を利用するというのも手です。 資金調達のことを想定して、ファクタリング会社は可能な限り多く知っているに越したことはありません。 ファクタリング会社の情報を一つでも多く持っていれば、状況にあわせてどのファクタリング会社を利用するかという選択もスムーズにいき、審査から入金までの時間を短縮することができるからです。 福岡に店舗を持つのではないファクタリング会社の情報も抑えておく必要があるのは、このような理由によります。 オンラインでの申し込みにどの程度の時間がかかるのかを、ウェブサイトの問い合わせなどでファクタリング会社ごとに質問するなどして、審査速度のリストを作っておくと、急な資金繰りの状況でそのリストが大いに役立つことになるでしょう。 オンラインでのファクタリングが可能なファクタリング会社のなかには24時間365日問い合わせを受け付けている会社もありますので、福岡のファクタリング会社の多くが夕方の18時ごろに営業を終えることを考慮して、営業時間外のファクタリング会社の情報も把握しておいたほうが賢明です。

備えがあれば急な資金調達の場においても憂いはない

ファクタリング会社の早さが充実していても、依頼する顧客の側が遅い場合は、ファクタリング会社の早さを無駄にすることになります。 ですから、急な資金繰りを想定して、必要な書類などを下調べしておいて常に用意しておく、それか、可能な限り迅速に用意できるようにするという風に、依頼する側の速度を高めていき、「ファクタリング会社の早さ」と掛け算するようにして審査の完了を早めていく努力は怠らないようにしましょう。 早さを優先するファクタリングにおいては、三社間ファクタリングではなく、審査がより早い二社間ファクタリングを選択するのが定石です。 三社間ファクタリングには二社間ファクタリングにはないメリットがありますが、そういったメリットは「早さ」を最優先するファクタリングの場合は考慮せずに切り捨てたほうがよいでしょう。 福岡のファクタリング会社は、基本的に二社間ファクタリングと三社間ファクタリングが選択できますから、どのファクタリング会社を利用するとしても、二社間ファクタリングを選択するということを忘れなければ、「早さ」はつねに担保されていると考えてよいでしょう。

福岡で給料ファクタリングするなら?

福岡で新規事業を始めようと考えている事業主、すでに事業を展開していて資金調達を考えている法人企業の事業主が、資金調達手段として完全に無視してよく、一切考慮にいれる必要がないのが、給料ファクタリングです。
給料ファクタリングというのは、一言でいうならば「給料の前借り」でしかありません。もっとはっきりと言うならば、これは闇金に近いものです。
紐解いてみれば「給料の前借り」でしかないことに「ファクタリング」という言葉が付随しているのは、「ファクタリング会社を媒介にして取引をする」という「ファクタリングの構造」を導入しているからです。
この給料ファクタリングは、たしかに「ファクタリングの構造」を導入してはいるのですが、似て非なるものであり、厳密にはファクタリングと呼ぶことができないものです。
そもそもファクタリングというのは「事業者」「経営者」などの法人を相手にしたサービスです。しかし、給料ファクタリングは基本的には個人を相手にしており、その主要な対象は「フリーター、主婦、金融ブラック」とされています。

>

ファクタリングの本来の目的と定義から外れている

ファクタリングという資金調達方法について述べた項目にて、「ファクタリングは融資ではないのだから、借金や返済といった概念とは無縁であるというのは、いくら論理的に正しいとはいっても詭弁でしかないような側面を持っている」という旨のテキストを書きましたが、これが詭弁として機能してその猛威を振るうのは、まさにこの給与ファクタリングというグレーゾーンにおいてです。
ほとんど闇金と違いがない個人を相手にした給与ファクタリングは、法人を相手にしたまっとうな資金調達を提供している優良ファクタリング会社としても頭が痛い厄介な問題であり、ファクタリングという資金調達方法にまつわる根本的な誤解を招く原因として忌避されています。
「給料ファクタリングは、ファクタリングについての根本的な誤解を招く原因」というよりも、「給料ファクタリングは、ファクタリングについての根本的な誤解を利用している」というのがより正確であるかもしれません、そこが悪質であるともいえるでしょう。
福岡でも利用できる給料ファクタリング会社の説明を見ていますと、基本的には「金融ブラックで融資の審査に落ちてしまった方でも利用可能」というような紹介のされかたをしています。
こういった紹介がされている時点で、給料ファクタリング会社をファクタリング会社として扱うのはすでに難しくなっていることは明らかです。
法人ではない個人が給料ファクタリングを利用する理由は、「給料日前にお金がない」であるとか「生活費を工面しなければならない」であるとか「冠婚葬祭などの急な出費で首がまわらない」といったものが主要であり、これらの「きわめて個人的な理由」は、法人相手の資金調達手段であるファクタリングの本来の目的や定義からは大きくはずれていると言わざるをえません。

給料ファクタリングを使う人間は金銭的センスがない

給料ファクタリングに関しては、「ファクタリングという構造を導入することで、借入と返済の仕組みをややこしくして、闇金であることを隠している闇金」という認識がもっとも正確なのではないかと思われます。
給料ファクタリングは、雇用主ではなく労働者が給料日の前で利用するものであって、雇用主が労働者の給料のために行う資金繰りとはまったく違います。
「従業員に給料を支払うためにファクタリングを利用する」というような目的を持ったファクタリングですらない給料ファクタリングですから、法人企業の事業者や経営者で、給与ファクタリングを利用しようという人はまず存在しません。
そもそも、給料ファクタリングというような意図的に間違っているファクタリングに注目し、「個人の金欠」と「法人の資金調達」の違いもわからずにその言い分を信用してしまうような人には、事業の構想を練ることはもちろん、構想した事業を展開していくことができるはずもありません。
給料ファクタリングは今後はその悪質性から法的な規制が入ることが予想されています。まともな事業者になりたいのであれば、危ういものには近寄らないほうがよいでしょう。